SHOWタイム

「笑」であることを望みますが、
「傷」の方が多いかもしれません。
 

カテゴリー:ニュース

2013年04月02日

4月1日「小型家電リサイクル法」が施行。該当96品目の費用は?

今日4月1日より、
「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」(小型家電リサイクル法)
が施行、使用済み家電品の回収が始まりました。

これは、使用済小型電子機器の
再資源化を促進するのが目的の法律で、
100品目以上が対象となっています。

これにより市町村は、分別して収集し、
認定事業者に引き渡す責任が生じることとなります。

それはまた、消費者側も分別して
捨てる必要が発生する…
ということでもあります。

この型家電リサイクル法では、

「制度対象品目」と
「特定対象品目」

が設定されていて、
市町村はこの制度対象品目の中から、
それぞれの実情に合わせた形で
回収する品目を選定するとのこと。

制度対象品目は

・携帯電話端末・PHS端末
・デジタルカメラ
・ビデオカメラ
・電子レンジ
・電気掃除機
・ジャー炊飯器

などです。

ただ、以下のような一文がありました。

「ただし、市町村が必ずしも
対象となる小型家電の
分別回収を行わなければならないわけではなく、

また、分別回収した後の処理先として、
認定事業者に必ず引き渡さなければならない
わけでもありません。」

つまり完全な義務化というよりは、
その協力を求めるということ。

さらに、

「排出者の費用負担は想定していない」

とのことで、今のところ費用も掛かりません。

それでも「今のところ」との前置きがあり、
国のやることは分かりませんから、
頭にはおいておいた方がいい話題ですね。


posted by おもしろ at 14:57 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする