SHOWタイム

「笑」であることを望みますが、
「傷」の方が多いかもしれません。
 

2013年04月29日

バイク事故の確率。40代以上のライダーの事故が多発

40〜64歳という中高年層のライダーの死亡事故が急増している
という記事が話題を集めています。

昨年は累計181人が亡くなっており、これは10年前の5割増し。

ちょうどブームだった若い頃にバイクに乗っていた層が、
最近にのって再び乗り始めていることが背景にあるとのこと。

確かに先日アメリカに行った際は、
一緒に居合わせた50〜60代ぐらいの数名のグループが、
みんなハーレダビッドソンのヘルメットらしきものを持っており、
西海岸を走る夢を叶えに来たといった様子ですが。

警察庁の統計によると、昨年のバイク乗車中の事故死者は460人で、
このうち40代107人、
50代54人、
60〜64歳が20人。

割合的に若い人の方が、原付などの手軽に乗れるバイクを乗る人も多く、
事故を起こす人も多いのでしょうが、10年前の2002年は、
40代が66人、
50代36人
60〜64歳14人。

つまりそれぞれの層で4〜6割、死亡事故が増えているようです。。

実際2003年度には39.9歳だったライダーの平均年齢も、
2011年度は48.5歳に上がっています。

事故の種類としては単独事故、
具体的にはハンドルやブレーキ操作を誤ったことによるものが多いそうで、
体の感覚と過去の記憶とのギャップが原因とみられています。

当時とは違い、ヘルメットが義務化されていますが、
それでも減らない死亡事故。

「バイク離れ」が進んでいると言われる中、
それに歯止めがかかるのはいいことでしょう。

ただ年代的に子供や孫がいる人が多いはずなので、
大切な人が残されている現状まで考えると、
いたたまれなくなる統計ですね。


posted by おもしろ at 06:36 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする