SHOWタイム

「笑」であることを望みますが、
「傷」の方が多いかもしれません。
 

過去ログページ

2013年04月29日

バイク事故の確率。40代以上のライダーの事故が多発

40〜64歳という中高年層のライダーの死亡事故が急増している
という記事が話題を集めています。

昨年は累計181人が亡くなっており、これは10年前の5割増し。

ちょうどブームだった若い頃にバイクに乗っていた層が、
最近にのって再び乗り始めていることが背景にあるとのこと。

確かに先日アメリカに行った際は、
一緒に居合わせた50〜60代ぐらいの数名のグループが、
みんなハーレダビッドソンのヘルメットらしきものを持っており、
西海岸を走る夢を叶えに来たといった様子ですが。

警察庁の統計によると、昨年のバイク乗車中の事故死者は460人で、
このうち40代107人、
50代54人、
60〜64歳が20人。

割合的に若い人の方が、原付などの手軽に乗れるバイクを乗る人も多く、
事故を起こす人も多いのでしょうが、10年前の2002年は、
40代が66人、
50代36人
60〜64歳14人。

つまりそれぞれの層で4〜6割、死亡事故が増えているようです。。

実際2003年度には39.9歳だったライダーの平均年齢も、
2011年度は48.5歳に上がっています。

事故の種類としては単独事故、
具体的にはハンドルやブレーキ操作を誤ったことによるものが多いそうで、
体の感覚と過去の記憶とのギャップが原因とみられています。

当時とは違い、ヘルメットが義務化されていますが、
それでも減らない死亡事故。

「バイク離れ」が進んでいると言われる中、
それに歯止めがかかるのはいいことでしょう。

ただ年代的に子供や孫がいる人が多いはずなので、
大切な人が残されている現状まで考えると、
いたたまれなくなる統計ですね。


posted by おもしろ at 06:36 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

大学の就職活動、時期変更。2014〜2015年頃

カフェでパソコンを開きながら座っていると、
隣で話をする主婦の会話が聞こえてきて、少し耳を傾けていました。

どうやら就職活動の時期をまた、遅らせる案が出ているとのこと。

今の現状はよりよい人材を企業が確保しようとするため、
就職活動の開始時期がどんどんと早まり、
大学生に負担をかけいます。

そんな学習環境の悪化に歯止めをかけるため、
経団連が定める採用活動のルールの見直しを
働きかける方針を打ち出していることが、
調べていると分かりました。

具体的には、今のところ大学3年生の12月が
会社説明会の解禁時期とされていますが、
今後は4年生の4月に、そして選考試験は8月ごろからに
遅らせるよう求めるのだと言います。

長期間、就活に苦戦する中で自信を失う学生も多く、
若い人材が育たなくなることを避けるためだそうで、
確かに一理ある気がします。

日本人はただでさえ、周りとの協調性を大事にする環境が多い分、
「平均値」が好きですからね^^;

実は今の12月からの開始というのも、
去年までは10月だったところを改善したもの。

確かに私の頃はもっと早かった覚えがあります。

それでも選考試験の開始は4年生の4月以降のまま、
試験対策の時期が短くなっただけだそう。

今回の改定でその改善に期待できる反面、
大手企業の後に選考を始める中小企業が人材を確保しにくくなったり、
経団連に加盟していない外資系などの企業はそれより早く開始し、
その差がさらに開いてしまうという問題もあります。

ただそもそもの原因は、企業の採用が新卒者に大きく偏っていることで、
そのために「就職留年」という形までありますから、
そういった傾向も改善されれば、
より一層、よい人材は生まれやすくなるのではないでしょうか。
posted by おもしろ at 08:07 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

ガリレオ2013第2話出演者は?第1話ネタバレ最終。

突き止めた計算式を
吉高さんを研究室に呼び出して手渡します。

でも渡して引き下がろうとする福山さんに、

「仮説は実証してこそ・・・」

と言う言葉で、福山さんを動かしました。


次のシーンは教祖幹部が贅沢するシーンでした。

パソコンを使い、レンジで焼き菓子を温め、
入団信者が100人、かける一人の入団料が50万円…

つまり5,000万円。

笑いが止まらないと言った様子の上層部。


そして福山さんと吉高さんを待たせ、
別室で何やら怪しい話し合いをする上部3人は
追い返そうという意見でまとまりかけたところ、

「強い送念で思い知らせてやろう」

という大沢さん。


そして福山さんが何やら液体を窓にかけるシーンがあった後、
送念を受けたいという福山さんと再び相対します。

送念を受けたに福山さんが話出します。

中山さんが窓にぶつかる前に亀裂があることを指摘し、
その理由を話始めます。


それはマイクロ波を当てると水が反応して
熱を発すると言います。

すると窓の枠がゆがみ、亀裂が入った。


中山さんが死亡した理由は、
強いマイクロ波により人体の熱が反応し、
体の燃えるような熱さに耐え切れなくなったことで
自ら窓の外に飛び降りたと・・・。


そしてもう1度送念を送るようにいう福山さん。

マイクロ波を遮断する眼鏡をかけ、
元の位置に座った福山さんは、
熱に反応する感熱紙を使用した切符を取り出し、
黒くなっていく様子を見せます。

それというのは科学的な力が働いている証拠で、
その後事件当時と同じように、窓に亀裂が入ります…。


教祖が座っていた場所の下を福山さんが壊すと、
中からはマイクロ波を送る装置が。


外へ飛び出した大沢さんが地下の施設へ向かうと、
装置の大元を壊す妻の姿があり、

「責任を取れ」

と。

吉高さんが止めに入った後、警察の応援を呼び、
その後パトカーの音が・・・

喜ぶ子供たちに反し、
風力発電の装置がが止まりました・・・。



その後柴咲さんとの別れのシーン。

マイクロ波の装置は妻の元夫の仕事で
健康器具として使われていたものを、
改造したものだそう。

でもそれは大沢さんには伝えておらず、
教祖自身が力を信じていた方が、
信憑性が高くなるとの理由でした。


ただ、本当は気づいていたけれど、
大沢さんには何もできなかったのだろうという福山さん。

「1番の被害者は彼だったのではないか」

という結論に終わります。


そして、アメリカへ発つ前だった柴咲さんは、
そろそろ時間だと

「今までありがとうございました」

との言葉で立ち去ろうとします。

すると何やら結婚指輪が入っていそうな箱を取り出し、

「選別だ」

と差し出す福山さん。

何やら思いというその箱を開けると、
中には不可解な石・・・


それはゲルマニウム。だそうで、
理由は誕生日が3月2日だと聞き、
元素番号が32番目だからだそう(笑)

またダイヤの原石であり、
健康に効くとのことですが、
鈍い表情を浮かべていましたね^^;

やはり2羽目からは出ないんでしょうね^^;


監獄では投獄された大沢さん。

中にはもう一人の囚人がおり、
何やら絶望したような表情を浮かべています。

「死のうなどと考えてはいけない」

と声をかけると、その囚人の前まで行き、
手をかざします。

すると相手の囚人が涙・・・。

「あなたはまだやり直せる」

という言葉をかけたところで、
そのシーンは終わります。

本気で人を救おうとしていたということが
分かる場面なんですね。


最後はいつもの研究室。

中断していた実験の真っ最中で、
見事仮説通りの結果に湧くメンバー。

そこに吉高さんがコーヒーらしきものを手に提げ、
事件の結果を報告を来ます。

でもすでに柴咲さんから聞いたと冷たくあしらい、
追い打ちをかけるように、無理やり大沢さんとの
対峙を仕掛けた反撃とばかりに話し出します。

起こった吉高さんが部屋を飛び出し、

「もう絶対に来ない」

と言ったところで第1話終了。


いやーやっぱり面白すぎます!

ちなみにエンディングテーマは
福山雅治さんと柴咲コウさんの「KOH+」が歌っています!


また次回第2話の出演者は、女優・川口春奈さん。

ダウジングが関係あるとかで、
また見逃せないですね!


以上、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました^^


追伸

ちなみにですが、ゲルマニウムの原石、
1g100円弱だそうです。

柴咲さんが「重っ」と言っていたとおり、
結構な大きさがありましたから、
選別にしてはかなり贅沢ですね!
posted by おもしろ at 22:31 | 番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする